2014年6月20日に成立した「過労死等防止対策推進法」の概要は?

2014年06月26日 11:30

2014年6月20日、「過労死等防止対策推進法」が成立しました。

本法律は、国、地方公共団体、事業主その他の関係する者の相互の密接な連携の下に、過労死等がなく健康で充実して働き続けることのできる社会の実現を目指しています。

過労死等の防止のための対策として、以下の4点が挙げられています。

①過労死等に関する実態の調査、効果的な防止に関する研究

②教育活動、広報活動等を通じた国民への啓発

③過労死等のおそれがある者とその家族が相談できる体制の整備

④過労死等の防止に関する活動を行う民間団体への支援

また、遺族も参加する過労死等防止対策推進協議会を設置すること、政府が国会に過労死等の概要及び政府が過労死等の防止のために講じた施策の状況に関する報告書の提出を義務付けられることが規定されています。

--------------------------------

「過重労働対策の仕組みづくり」や「長時間労働者への面接指導の実施」についてお考えのご企業は、お気軽にお問い合わせください。

→ 「メンタルヘルス対策の顧問」についての情報はこちら

→ 「メンタルヘルス研修」についての情報はこちら