評価者研修(ワークショップ形式)「評価制度を使いこなす管理職になろう!」

2015年01月05日 07:06

評価制度が単に部下を評価するためだけのもの、管理職にとって負担に感じるものであってはいけません。企業の目標達成、社員の育成という重要な目的を意識した評価制度の運用が必要です。

メンタルクリエイトでは、ワークショップ形式で評価者研修を行うことで、「押し付けられる評価制度」から「主体的に参画する評価制度」への転換を目指します。

評価制度は作ったものの運用する管理職の意識が変わらないといった課題を抱えているご企業の方は、評価者研修の入門編として以下のカリキュラムを参考になさってください。終始ワークショップ形式で行う大変人気のあるカリキュラムです。

→ 評価者研修についてのお問い合わせはこちら

→ その他研修のタイトル・テーマ一覧はこちら

 

タイトル「評価制度を使いこなす管理職になろう!」(4時間研修の場合)
1.自社の評価制度の理解  
  評価制度の年間スケジュールの確認 講義
  年間を通して評価者が取り組むべきこと 講義
2.評価制度は何のためにあるのか  
  管理職として評価制度の意味を考える ワーク
3.評価のために必要なコミュニケーション力  
  日常の観察力 講義・ワーク
  日常のコミュニケーション力 講義・ワーク
  面談技法 講義・ワーク
4.部下の力を引き出す質問力  
  面談において効果的なポジティブ・クエスチョン 講義・ワーク
5.疑問点の解消  
  理解できたこと・理解できなかったことの整理 ワーク
6.まとめ  
  振り返りシートの記入 ワーク
  講師によるコメント 講義