新入社員メンタルヘルス研修「あらゆる出来事に柔軟に対応できるスキルを獲得する」

2014年08月11日 06:43

あらゆる出来事に柔軟に対応できる若手社員が減ってきています。

企業で求められる「柔軟さ(しなやかさ)」は、1年目のうちに徹底的にトレーニングしておく必要があります。

本研修では、新入社員が「常に考えて仕事に取り組むこと」や「発想や行動の柔軟性」を武器とできるように、ワークを繰り返します。

貴社の新入社員が「思い通りにならないことや想定外の出来事に弱い」と感じられた際は、是非お問い合わせください。
 

 メンタルヘルス研修のタイトル・テーマの一覧はこちら

 
 
タイトル「あらゆる出来事に柔軟に対応できるスキル」(4時間研修の場合)
1.入社1年目はどのような変化が起こるか 講義
ディスカッション
2.仕事の基本「仮説思考」 講義
個人ワーク
  仮説思考の効用  
  仮説思考のコツ  
  仮説思考のトレーニング  
3.納得できない出来事に遭遇したらどうするか 講義
個人ワーク
  なぜ人は納得できないと思うのか  
  思い通りにならない出来事への捉え方を変える心理学  
  意味づけの効果  
3.社会人に必要な3つの“S” 講義
グループワーク
  3つの“S”とは何か  
  3つの“Sは、なぜ必要か?どのような場面で必要か?  
4.ビジョンを語る 講義
参加者によるプレゼン
  配属後のありたい姿を語るのことの意味  
5.まとめ・質疑応答