メンタルヘルス研修(ハラスメント研修)「うつとハラスメントを予防するラインケア・コミュニケーション研修」

2014年06月07日 08:15

ハラスメント研修と聞くと、判例を通して企業リスクや管理職としてのリスクを学ぶ、部下に対してやってはいけないNG行動や言ってはいけないNGワードを学ぶ、といったイメージがありませんか?

そのような研修も一定の効果がありますが、管理職を委縮させることがあります

その委縮はコミュニケーション機会の減少となり、ハラスメントやうつを生みやすい風土を作るという本末転倒の結果になりかねません。

メンタルクリエイトでは、管理職が委縮することなく日常のラインケア・日常のコミュニケーションの引き出しを増やすことで、結果としてハラスメントやうつを予防することを研修のねらいとしています。

今までのハラスメント研修に疑問をお持ちのご企業の方は、是非お問い合わせください。

メンタルヘルス研修のタイトル・テーマの一覧はこちら

 

タイトル「うつとハラスメントを予防するラインケア・コミュニケーション研修」
(4時間研修の場合)
1.ハラスメントとは何か  
  パワハラの定義から考えるハラスメントの多様性 講義
  誤解された事例と本物のハラスメント事例の違い 講義・事例検討
2.管理職はハラスメントの何を学ぶべきか  
  ハラスメントの判例を学ぶことの是非 講義
  NGワードを学ぶことの是非 講義
  腫れ物に触るように接するというハラスメント? 講義
3.うつとハラスメントの背景にある問題  
  うつとコミュニケーションの関係 講義
  ハラスメントとコミュニケーションの関係 講義
  共通する予防キーワードは「コミュニケーション」 講義
4.うつとハラスメントを予防する日常的なラインケア  
  明日から始められる簡単テクニック ワーク3種
5.まとめ・質疑応答